メモ用

メモ用

魔法科高校の劣等生、司波深雪の美少女描写まとめ(既刊22巻まで)

1巻

p16、「妹の方は人の目を惹かずにはおかない、十人が十人、百人が百人認めるに違いない可憐な美少女」
p39、「並外れた美貌と相乗して、新入生・上級生の区別無く、男たちのハートを鷲づかみだった。深雪の身辺は、明日から、さぞかし賑やかだろう。それもまた、いつものことだ。」
p44、「深雪は身内の贔屓目抜きに見ても稀有な美少女で、有り余る才能を抜きにしてもその場にいるだけで注目を集めずにはいられないという天性のアイドル、いや、スターだ。」
p44、「中学時代、毎日のようにラブレター(というより、あれはファンレターだと達也は見ている)を押し付けられていた」
p214、「類希な美少女」
p251、「手を出すどころか手で触れるのも躊躇われるような美少女」

2巻

p45、「美しすぎる妹」
p120、「淑女を絵に描いたような外見」
p253、「端正な唇」
p256、「人を魅了してやまない可憐な響き」
p270、「完璧な美少女」

3巻

p45、「未成熟ながらも女性らしい優美な曲線」
p75、「あんだけ美少女な妹」(レオ)
p75、「あんなに綺麗な女の子が実在するなんて信じられなかった」(幹比古)
「話をするだけならともかく、それ以上の関係になろうなんて、考えただけで怖気づいちゃう」(幹比古)
p129、「綺麗な脚のライン」
p137、「伸び、反らされたはずみに露わになる優美なライン」
「天女の舞」
p139、「上機嫌の微笑を振りまいて余所見を次々に誘発し-深雪の笑顔を無視できる男性など皆無に近い-営業妨害になりかけている」
p152、「可憐な声」
p166、「舞台栄えがするという理由で、深雪が選ばれていた。」
p167、「息遣いの聞こえてきそうな至近距離で深雪から笑顔を向けられた男子生徒は、ほとんどが顔を紅くして崩れそうになる表情を懸命に引き締めていた。」
「それだけなら全校の女子生徒から後々嫌がらせを受けそうな光景なのだが、同じように徽章を取り付けてもらった女子生徒まで、半数以上が顔を赤らめて照れ臭そうに、あるいは落ち着きを無くして」
p212、「見る目麗しい美少女」
「お淑やかな雰囲気」
「気後れを感じさせるほどの美貌」
p264、「淑やかなアルカイック・スマイル」
p265、「あの子、超カワイクねぇ?」(モブ)「あんな美少女、高嶺の花もいいトコだろ」(モブ)
p266、「才色兼備」
p283、「まぶしい程の白さの、非の打ち所がない脚線美」
「なんて言うか……性別なんて関係ないって気になってくるよね、深雪を見てると」(1高女子)
p287、「深雪に惚れない男がおかしい?」(1高女子)
p322、「今回の九校戦で、真由美以上の男性ファン、摩利以上の女性ファンという、男女を問わぬ熱心なファンを獲得することになる」
p434、「美しい背筋」

4巻

p101、「美しすぎる少女」
p114、「ただでさえ整いすぎている美貌が、その衣装と相まって、神懸かった雰囲気さえ醸し出している。いや神懸かりを通り越して、神々しいという形容すら、過言ではない程だった。」
p115、「それが、端から見ると「静謐なたたずまい」に映る」
p116、「深雪が、薄く閉ざしていた目を開いて、その瞳をまっすぐ敵陣へ向けた。観客席でため息が漏れた。一カ所だけでなく、観客席のあちらこちら、否、そのほぼ全域で」「若い男性より若い女性が、その強い光を放つ瞳を陶然と見上げていた。」「観客の目は深雪の一挙一投足に釘付けとなっていた。」
p133、「神秘的な美貌で客席を虜」
p293、「世が世ならば、この妹のためなら命も惜しくないという男たちが群れをなしていることだろう。いや、今の世の中でも、わずか一言で男に命を懸けさせることが、この妹には可能かもしれない」(達也)
p370、「抜群の美少女が見せる、管弦の音を待つ舞手のようなたたずまいは、客席の青少年に動悸と息切れを引き起こし、このままでは試合が始まる前から担架が呼び出されそうだ」
p371、「一歩間違えばとんでもなく下品な配色だが、深雪書きると高貴な雰囲気になった。」
「真っ直ぐに伸びた細く長い手足と、対照的に優美な曲線を描く胸や腰は、動物的なら肉感が無い代わりに咲き誇る花樹の様な色香を漂わせている」
「花のような美貌」
p377、「美しい少女」
「年齢を超え、性別を超え、敵味方すら超えて、人々は陶然と空を舞う少女を見上げていた。」
p378、「優雅な所作」
p389、「きれいな女の子」(達也)
「レベルの高い美少女」(達也)
p394、「深雪を「妖精のような」と形容しても陳腐と誹る者はいないだろう」
p468、「深雪の許には予想どおり、学校、学年関係なく、少年たちが群がっていた」

5巻

p24、「貴女のような美しいお嬢さん」(北山父)
p25、「深雪の美貌と立ち振る舞いの美しさ」
p29、「妖精的な魅力」
p44、「抜群の美少女」
p171、「生身の人間ではなく、オーバーテクノロジーによって青少年ね願望が具現化した立体映像だと言われても信じてしまえるくらいだった。写真に頼らなくてもハッキリとその姿を脳裏に再現できるのに、彼女は夢あるいは妄想の産物だったのではないかと言う気分になったことも一度や2度ではない」(吉祥寺)
p172、「高嶺の花過ぎて畏れ多い」
p207、「淑やかな笑み」
p216、「深雪の美貌」
p218、「世界的なトップモデルが裸足で逃げ出す美貌」
「試着室を囲んで人垣が形成され始める」
p219、「どうしても目が離せない」
「称賛と羨望が同居する眼差しで深雪を見て」
「魂を抜かれたような顔で深雪に見とれる」
p220、「深雪は自分に注がれる眼差しを自然に無視するという境地に至っていた-彼女の場合、そうでなければ街を歩くこともできない」
p226、「大抵は個室か、テーブルとテーブルの間に仕切りがある店を選ぶ。そうでなければ、注目を集めて食事どころではないからだ」
p227、「深雪が入った途端、喧騒が一瞬で途切れた」
「息を呑んで立ち竦んだ程だ」
「深雪の美貌」
「深雪のような素の美しさ」
p228、「夢幻の如く美しい少女」
p231、「この少女は特別だ」
「神に愛されたのか悪魔と取引したのか、いずれにしても、普通ではない。努力で手の届く次元ではなかった」
p232、「見たこともない美貌の少女」
p233、「あの少女は、金を出せば買えるという代物ではない」
p234、「目の前の女が時価数千万円の大粒ダイヤとするなら、あちらの少女は価格がつけられない「偉大なアフリカの星」、それくらい価値がある」
p236、「美貌」
p334、「彼女に会うまで、あんな美少女は見たことが無かった」(真由美)
「腕も脚も、不健康に見えないギリギリのバランスで、すんなりと長く細い」(真由美)
「ウエストは折れそうに細く締まり、胸と腰回りはすでに十分女らしい曲線を描いている」(真由美)
「ビックリするほど精確に、彼女の身体は左右が対称」(真由美)
p335、「生身の人間と思えない時もある」(真由美)
「女の自分でも見とれてしまう」(真由美)

6巻

p65、「瑞々しい美貌」
p171「幹比古は、深雪を相手にする時、未だに丁寧語が抜けない」
p185、「柳眉を吊り上げていた」
p209、「広い学生食堂の、ほんの一エリアとはいえ、場の雰囲気を変えてしまう影響力-あるいは支配力-を振るったのは、最近ますますその美貌に磨きが掛かった感のある深雪だった」
「すれ違い行き過ぎる人々の注視を例外なく浴びながら」
p210、「美少女」
p315、「上品な挙措」
p355、「無意識にまで染みついた淑女教育の賜か、せめて背筋を正そうと膝を揃えるも」
「しどけない、それでも背筋だけはピンと伸ばした姿で」

7巻

p42、「深雪と一緒だと目立ってしまったでしょうから」
p47、「完璧な作法」
「相手が深雪では仕方ないかもしれない」
「誰よりも身近にいて、しかも精神に改造を受けている自分ですら、時々見とれてしまうことがある」(達也)
p135、「淑やかな笑顔」
p277、「端正な姿勢」
p298、「鈴を振るような可憐な声」
「生身の人間とは思えない、桃源郷の夢のように儚く美しい」(陳祥山)
p299、「可憐な笑み」
p317、「美しすぎて近寄りがたいという印象のある」
「優雅に腰を折る」

8巻

本文中にはない。
カラーイラストのキャラ解説文「その容姿は幼少から端麗で、近年はより増している」

9巻

p42、「淑やかに」
「白粉など必要のない白皙の面」
「大人びた美貌」
「生来の美貌」
「折れそうに細い腰」
「世界一可憐」
p43、「恥じらいながらも視線を外さず、上目遣いに抗議する様は、免疫のない男なら悶え死にそうな破壊力があった」
p44、「吉祥天もかくやの麗しさ」(八雲)
「須弥山の天女も羞恥に身を隠してしまうかもしれない」(八雲)
p45、「うっとりとした目を深雪に向けている。隣の達也が目に入っているのか疑わしい熱視線だ」(美月)
p46、「艶姿に圧倒されたのか最初はやや怯んだ様子だった」(ほのか)
p60、「美少女というだけなら達也には深雪で耐性がある」
p62、「深雪が注目されるのはいつものこと」
p69、「学校一の美少女」
p70、「女王」
「夜空より深き漆黒の髪。黒真珠より黒く澄んだ瞳。」
「同じように美しく、対照的な美を持つリーナと深雪」
p74、「深雪に対しては未だに「ですます」調」(幹比古)
p86、「スラリと細い深雪の脚」
「キチンと膝を揃えて、斜めに脚を流す」
p278、「凛とした声」
p284、「美姫」
「類希な美少女」

10巻

p165、「綺麗」
p170、「生身の人間であることを忘れさせる神秘的な美貌」
p174、「人気者というならミユキのほうが凄いじゃない」(リーナ)
p198、「リーナの反論が途中で切れたのは、深雪が制服のワンピースを開けて右肩を抜こうとした瞬間だった。特になんと言うことのないその仕草が、リーナの目を釘付けにして舌の回転を滞らせたのだ」
p199、「生ツバを呑み込むような音が更衣室のそこかしらから聞こえてきた」
「筋張った所が少しも無い、とても女の子らしい身体つき」(リーナ)
p238、「美少女過ぎる」
p279、「良家の子女、つまり「お嬢様」である。それも、かなりハイクラスの。」

11巻

p295、「美少女」
p367、「とてもきれいな子」()真由美
p368、「深雪さんの美しさは性別を超えている」(真由美)

12巻

p36、「花のような笑み」
「その艶やかな笑顔を前にすれば、桜の花も恥じらいの余り蕾に戻ってしまうかもしれない。そんな「魔力」を感じさせるほどの満面の笑みだ。」
p44、「キチンと膝を揃えた両脚」
p54、「貴方の妹さんほどじゃないけど、ほのかちゃん、可愛いじゃない?」(北山母)
p74、「優雅に一礼して」
p97、「ただでさえ視線を集めることが多い、と言うか、見られていない時間のほうがむしろ短いくらいだ」
p98、「深雪に否定的な目を向けるのは難しい」
「容姿も才能も余りに眩しすぎて、嫉妬を向けるのが畏れ多いような気持ちになってしまう。気後れを覚えて、気後れしている自分に対する嫌悪の泥沼にはまってしまうことになる。」
p121、「行儀の良い姿勢」
p134、「可憐な笑み」
「完璧な淑女の顔」
p169、「淑やかでたおやかで清楚な大和撫子の理想を体現したもの」
「女神さまみたい」(泉美)
p170、「泉美は「女神」と呼ばれる存在に出会ったことはない。頭の中にそんな言葉が自然と浮かぶほど、深雪の姿は現実離れしたものとして泉美の目に映ったのだ」
「美少女というなら姉の真由美は文句なしの美少女だし、他人からはナルシズムと受け取られるかもしれないが香澄も十分可愛らしいと泉美は思う。しかし、今彼女の前で儚げな笑みを浮かべた上級生ほど美しい女性を見たのは初めてだ」
「おきれいです」(泉美)
p189、「完璧な淑女の笑み」
p281、「染み一つ、吹き出物一つない、艶めかしい白い背中」
「非の打ち所が無い脚線」
「この深雪の艶姿には、衝動を奪われている達也でさえも一瞬ぞくりとするような色気があった」

13巻

p84、「淑やかに一礼する」
p118、「深雪のセリフはその容姿に相応しく大和撫子的価値観に沿った殊勝なものだが」
p132、「深雪の美貌」
p178、「淑やかな微笑み」
p227、「絶世の美少女」

14巻

p30、「家の中を走るような淑女らしかぬ真似はしない」
p39、「整いすぎている美貌」
p85、「当校を代表するに相応しい実力!才能!美貌!立ち振る舞いの美しさ!」(泉美)
p128、「美少女」
p150、「奥ゆかしいたたずまい」
p152、「典型的な美少女」
p156、「ただの女の子ではなくて淑女」(達也)
p161、「深雪の美しさが顔だけではない」
p196、「深雪が湯船の脇に姿を見せると、入浴客の視線が一斉に集まった。まるで浴室の時間が止まったかの如き静寂が訪れた。」
「白い足がそっと湯の中に差し入れられる。どこからともなく漏れたため息で、止まっていた時間が動き出した」
「身体に貼り付いていた湯着がフワリと揺れた。まるで天女の羽衣のよう、と感じたのは一人や二人ではなかった」
「深雪が気持ちよさげに、艶めかしく息を吐き出す。ため息に替わって、息を呑む音がした。」
p197、「大浴場は深雪と水波の貸し切り状態になっていた」
「女として劣等感を刺激される、だけならまだましも、女としてのアイデンティティまで揺るがせれては逃げ出したくもなろうというものだ。」
「異性のみならず同性の視線まで強奪してしまう暴力的な美貌」

15巻

p61、「深雪と比べても意味がない」(雫)
p76、「こんな整った顔立ちの子が深雪以外にもいたなんて」(エリカ)
p124、「淑やかな笑顔」
p125、「怪しからん視線ならさっきから山のように注がれている」
「男性から深雪に向けられる数え切れない煩悩の視線」
p127、「絶世の美少女」
p131、「深雪のような美少女」
p151、「人混みのなかで注目を集めながら」
p192、「シートの背もたれにつかまったりそこから先に顔を出すようなお行儀の悪い真似はしない」
p196、「自分は女で、深雪も同じ-とは時々思えなくなるが-女性」(水波)
p226、「優雅なたたずまい」

16巻

p58、「類い希な美貌」
p140、「艶やかな笑み」
p161、「美しい抑揚を伴う滑らかな語り口は詠じているようにも歌っているようにも聞こえて、反駁はおろか相槌すらも許さない」
p231、「あんなにきれいな女の子」(真夜)
「あんなに完全な容姿、あれほどまでに左右対称な身体の持ち主」(真夜)
「人と自然を超えた、神の奇跡に成る美貌と言って良いのかもしれない」(真夜)
p235、「徹底的に淑女として教育した」
p246、「光り輝かんばかりの美貌」
「いつもは爽やかでむしろ無生物的な香りを漂わせている深雪が、今は蝶や蜂でもないのに思わず引き寄せられてしまいそうな、微かな花の香りを纏っている」
p256、「これほど哀しげで、これほど必死で、そうでありながらこれほど美しい人の顔を、達也はいままでに見たことがなかった」(達也)
「端正な顔」
p264、「凄く、おきれいです」(文弥)
p268、「深雪の美貌」
p276、「淑やかに」

17巻

p103、「深雪は1高内で偶像視される傾向があった。容姿、実力、それだけで十分近寄りがたかった」
p140、「優雅に立ち上がり」
p147、「深雪のように男子は近寄りがたいということでなく」
p220、「絶句するほどの美貌がますます輝きを増した」
p221、「どれだけきれいになれば気がすむの?」(リーナ)

18巻

p46、「儚げな見た目」
p161、「非の打ち所なく優美典雅なお辞儀」
p180、「「金髪のすごい美少女だとは聞いた」「そうなのよ。金色の髪も青い瞳も、とっても色鮮やかでね。すっごく可愛い子なの」「深雪より?」「えっ?まさか」」
「キレイ系」(ほのか)
p202、「クラスの全員が深雪を自分たちのペアに招きたいと手を上げた」
p222、「深雪の麗姿」
p282、「深雪と同質の、それでいて明らかに異性の美貌」

19巻

p94「白の下着はエレガントな印象を醸し出していた。無論、身につけている深雪自身がもつ雰囲気も大きく影響していたに違いない。」
p213「見とれずにはいられない優雅な挙措」
p217「深雪が達也にきれいな笑みを向けた。花のようにとか宝石のようにとか、そんな比喩では表現できない、ただ「きれいな」としか言いようのない笑みで」
p220「元々お顔が美しい」(亜夜子)
「深雪さんが美人なのは分かり切ったこと」(文弥)
p255「才色兼備の美少女魔法師」(一条)
「俺の、女神」(一条)
「あの人のことを俺は本当に、間違って地上に降りてきた女神だと思っている。美少女?自分で言っておきながらなんだが、そんな手垢のついた言葉であの人のことを言い表せるものか。俺にもっと詩的な才能があれば、一生を掛けてあの人に相応しい麗句を捧げるというのに。」(一条)
p256「女神」(一条)
p265「あの人の顔を見たら平気でいられないと思う一方で、あの人のことを正面から見られる機会を1秒でも無駄にするのはもったいないという訴える俺もいて」(一条)
p271「あの人の笑顔は、今日も輝いていた」(一条)
p306「声だけでも、あの人は十分すぎるくらい魅力的だった」(一条)
p307「五日ぶりに会えたあの人は、光輝いていた。彼女の周りだけ、空気が違って感じられた」(一条)
「茜もあの人に見とれて、言葉を無くしていた。」
「あの人の魅力は性別を越えている」(一条)
p319「煌めく笑顔」(一条)
p322「あの人の姿を視界に捉えた瞬間、世界が変わった。俺にとっては紛れもなく、世界が変貌した。景色が華やかに色付いた。世界の中心にあの人がいた。俺は息をするのを忘れて、あの人を見詰めていた。」(一条)
p323「あの人の笑顔の為なら、俺は道化師にでも何にでもなってやる。」(一条)
p324「優雅な仕草」
p329「その姿がめちゃくちゃ可愛くて、隠し撮りしたくなる衝動を抑えるのが大変だった」(一条)
p330「司波さんの歌声は、大変素晴らしかった。」(一条)
p331「満開の花が咲き誇っているような笑みを浮かべて」(一条)

ss

p203「生身の人間とは思えないその美貌に、晴海は見とれるのではなく雷に打たれたような衝撃を受けた。」
p204「晴海は達也の背後に控える深雪の姿に硬くなる己を自覚しながら」
p206「深雪のような美少女」

20巻

p42「物語から飛び出してきたような深雪の美貌」
p61「黒一色のフォーマルなワンピースを身に着け、いつもの髪飾りを外して髪をアップに纏めた深雪は参列者の中で大層目立っていたが」
p69「深雪の美貌」
p72「深雪さんくらいの美人になると相当な二枚目でも釣り合いが取れない」(壬生)
p191「深雪は専門家がメイクしなくても比類無く美しいと達也は思っている。中途半端な専門家では、かえって深雪の魅力を損なうとすら考えている。」
p192「少なく見積もっても一流の美容師が、正式なものに近いパーティーに出席する為のメイクを、深雪に行ったのだ。いや、深雪の美貌に恥ずかしくないよう腕を振るった、と言うべきか。二時間半はむしろ短いと言わなければならないだろう。」
p201「秘密多き四葉家のプリンセスというだけで人々の興味と打算を招き寄せるのだ。そこに着飾った深雪の華麗な容姿が加われば、鬱陶しい事態になるのが目に見えていた。」
p210「ざわめきに満ちていた会場が、入口の方から急速に静まり返っていく。まるで主役の登場だった。いや、この瞬間、会場の主役は間違いなく深雪だった。人々は息を呑み、身動ぎ一つできず、人が持ち得るものとは思えない美貌を目を、意識を奪われた。深雪は自分を凝視する視線に少し困った感じの微笑みを浮かべて、会場の中央で軽く会釈をした。それで、人々の金縛りが解けた。ざわめきが戻る。そのほとんど全てが「あの美女は一体?」「あれが四葉の…」「何と、あの方が!?」というような、深雪を噂し合うものだった。」
p211「深雪が優美可憐に」
p212「深雪が紅音の隣に緊張した面持ちで立っている航に、鈴を振るような声で話しかける。その麗容に相応しい美声に、再び石化した者が老若問わず何人もいた。」
p213「もう見慣れつもりでいたけど…そういう格好を見ると、改めて圧倒されちゃうわね」(花音)
「あずさや紗耶香は深雪が放つオーラにーこの場合いは通俗的な意味の「オーラ」であるーすっかり吞まれてしまっていた。」
p265「第三者の美しく澄んだ、まさに鈴を振るような声が」

21巻

p31、「あぁ……今日も変わらずお美しい……。いえ、ますますお美しくなられて……」(泉美)
p38、「美しくすぎる姿形は、詩奈に「人間とは思えない」という印象を与えていた。」
p39、「美しさはもちろんのこと、気品と威厳もただ者ではない。まさしく王女、いや、女王の風格だった。」
「桁外れに美しく」
p101、「この世のものとは思えない美貌」
「深雪の美」
p103、「詩奈の緊張をほぐすように、深雪がにっこりと彼女に笑い掛ける。詩奈は一瞬以上の時間、その笑顔に見とれていた。」
p155、「四葉家次期当主という点を別にしても、美人すぎて畏れ多い。視線が合うだけで足が竦むレベルだ。」
p181、「エリカは余り自覚してないが、彼女は一高で二、三位を争う美少女である。ー「一、二位を争う」でないのは、別格が一人いるからだ。」
p294、「それは、すっごくきれいな人で緊張しちゃいますけど」(詩奈)

22巻

p77、「彼と同質で、より完成された深雪の美貌」
「その美しさ」
p92、「なんといってもあの美貌だ」(達也)
「深雪のような、趣味嗜好を超越した美貌ならば、異性ばかりか同性にも強い影響を及ぼすに違いない。」
p104、「司波会長はあんなに美人なんだから」(詩奈)
p106、「会長のような美少女」(詩奈)
p161、「深雪が淑やかに歩み寄ってくる」
p175、「深雪お姉様は女神の化身なのですから、孤高で当然なのです」(泉美)
p224、「淑やかな仕草で」